*ヒートアイランド現象
地表面の人工化(建物、舗装等)やエネルギー消費に伴う人工排熱の増加により、地表面の熱収支が変化し、都心部の気温が郊外部に比べて島状に高くなる現象である。
ヒートアイランド現象の主な要因としては、
(1)地表面の人工化
(2)人工排熱の増加
があげられるが、その根本的な原因として
(3)ライフスタイル、事業スタイルの変化
があげられる。
※横浜市ヒートアイランド対策取り組方針
横浜市環境創造局 平成18年3月より


国も地方自治体も、緑化対策を強力に支援しています。
有効な助成活用アドバイスも、ルーフテックにお任せください。


ヒートアイランド現象
対策として、助成制度を設けている全国の自治体は74%にあたる45自治体。
「日本一暑い大阪、屋上緑化で返上。条例などで義務付けへ。熱帯夜6割めざす。」
2004年6月7日 朝日夕1面
など、緑化建築施策に対する推進力は年々増加の傾向にあります。

 



 
 

横浜市の屋上緑化助成制度
市内の建築物で平成19年度内に緑化工事が完了可能という条件の中で、屋上の緑化工事および、壁面の緑化工事に対して、国が対象経費の額の一部を助成するという「屋上緑化助成制度」を定めています。
詳細はこちらから
http://www.city.yokohama.jp/me/
kankyou/area_green/okujyou/

各都市の屋上・壁面緑化の推進に関する諸制度
(財)都市緑化技術開発機構の詳細は
http://www.greentech.or.jp/

 

 


home      |サイトマップ  |お問い合わせ |リンク